DONZOKO

秘境へようこそ

どいつもこいつも

f:id:chicken0215:20190715175746j:plain

可愛い可愛い3連休ちゃんが死にかけている。守りたい。守りたいんだけども、どちらかというと俺の方が3連休ちゃんに守られている。ポジトロンライフルを構えている目の前で、好きな女の子がビームから守ってくれているという状況がどんなものなのか、今なら少し分かる気がする。庵野は早くエヴァを作れ。

 

ここ最近ブログを更新する気になれず、サボり気味であった。というかこれを書いてる今も更新意欲なんかほとんどないのだが。「とりあえず7月分更新しとくか」くらいのテンション。だから面白いものを書ける気がしない。こういう場合はプラスの感情よりもマイナスの感情を燃料にしたほうがエンジンがよく回る気がする。なので今日は愚痴ろうと思う。

 

エロ広告について。

 

エロ広告についてつらつら文句を書いていこうと思う。エロ広告。多すぎじゃない? スマホで何らかのサイトを読み漁っていると、エロ広告を見ない日はないといっていいくらい多い。というか実際100%みている。エロ広告はエロと全く関係のない健全なページを見ているときにも容赦なく表示されるので質が悪い。「きんぴらごぼう 作り方」とかで調べた先のサイトにも表示されている。領土が広すぎる。モンゴル帝国か。

 

ついでに言うと、3~4ヵ月くらいのスパンで同じエロ漫画の広告が延々と表示される。今だと「男女4人組の高校生が保健室でスケベする」「爆乳のママとスケベする」「ホワイお前MAXムラムラ!?」みたいな内容のものが多いように思える。特に男女4人組のやつ。主人公の男が見ている横で、「主人公と両想いの清楚系の女の子」と「野球部らしき坊主頭の男」が保健室でおっぱじめ、主人公が「おいおい、それはだめだろ・・・」とか言いながらちゃっかり自分も別のギャルと楽しむという内容。楽しまないでほしい。こっちはきんぴらごぼうの作り方が知りたいだけなのに、何故他人のパーティーを見せつけられなければいけないのだ。

 

インターネットだから何をしてもいいと思ったら大間違いである。現実に置き換えて考えてみてほしい。「今日の内容はきんぴらごぼうと肉じゃがだったな」と思いながら、通っている料理教室の扉を開けてみると、「おいおい、それはだめだろ・・・」とか言いながら4人がせっせと作業中だった、なんてシチュエーション、皆さんならどう思います?嫌ですよね?僕は嫌です。「おいおい、それはだめだろ・・・」と思うんだったら、坊主頭を殴り倒して、好きな子を助けてほしい。男だろお前。惚れた女ひとり守れないでどうするんじゃい。

 

これを読んでいる人の中には、「お前も3連休守れてないじゃん」とか「文句を言ってる割にはやたら内容に詳しい、お前も結局エロ漫画に興味津々ではないか」とか「お前が日々みているサイトもその広告収入で運営されているのだ」とか色々反論なさる方がいるかもしれない。それぞれについて当ブログとしての主張を並べ立てようと思ったが、3000文字級の記事になりそうなのでやめにした。ちょうどいい具合に、俺が言いたいことを短くまとめてくれている動画があったので、そちらを参照していただきたい。

 

 

www.youtube.com

コンビニでチキン南蛮弁当を買ってきて食ったら、書く気が急に失せた。最終的に言いたかったことは、エロ漫画そのものは否定せんが掲載する場所を考えろということだ。サイト運営者が悪い。ごきげんよう。